有酸素運動のウォーキングでダイエット

有酸素運動のウォーキングでダイエット

ウォーキングを続けるとダイエットにいいといわれていますが、それは有酸素運動をしていることになるからです。ほかにもジョギングやスクワットといった有酸素運動がありますが、ダイエットを始める人のための運動としては、ウォーキングが一番適しているといえます。酸素を消費しながら、さらにしっかり酸素を取り込むことが、有酸素運動の基本です。そのためすぐに疲れてしまうような運動では呼吸は十分にできなくなり、酸素をしっかり取り込むことができなくて、脂肪燃焼も行われません。有酸素運動のひとつであるウォーキングならば、ダイエットできるということを覚えておきましょう。体をめぐっている血液中には脂肪も流れていて、その脂肪がきちんと燃焼されないと体脂肪となってたまってしまい、肥満になるというわけです。ついてしまった体脂肪は、順序として血液中の脂肪の後に燃焼されるためなかなか落ちにくいので、体脂肪になる前に酸素と結合させ、燃焼させる必要があるのです。よりたくさんの酸素を取り込むと、それだけたくさんの脂肪を燃焼できることは、血液中の脂肪も体脂肪に関しても同じなので、ダイエットの法方とするならば有酸素運動がお勧めなのです。ただし脂肪が燃焼し始めるには、最低20分の運動が続けられないと始まりません。運動時間を考慮して、できるだけ長くできるように少しずつでも時間を増やしていくように工夫するといいでしょう。自分のペースを守り、最低20分は止まらないでウォーキングしたいものです。ダイエット効果を期待するのであれば、運動は有酸素運動である必要があることは忘れないようにしましょう。